FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大晦日のミニストーリー -遂に邂逅、さとりとさとりん (さとり、こいし、さとりん)

今年も一年が終わろうとした頃


今年最大の事件が起ころうとしていた!


さとり「…今年も一年が終わるわね…」


こいし「あっという間だったねー」


さとり「そういえばこいし、最近ハンターメインにすることが多くなってきたわね」


こいし「いやー…迷ったら…」


さとり、こいし「ハンター!!!」


さとり「…ってそうじゃないわよ」


こいし「えへへw パルチザンにはまってきたのー」


さとり「全く…貴方の☆13武器が泣いているわよ…」


こいし「そんなことないよー」


さとり「…にしても今年と言ったら奇妙なことがあったわねー」


こいし「と言うと?」


さとり「私じゃないけど、私にそっくりな人がいるって…」


こいし「ああー、そんな話もあった……」


さとり「?どうしたのこいし、いきなり口が空いて」


こいし「おねぇちゃん…もしかして…この子?」


さとりん「…。」


さとり「…」


こいし「まさかのおねぇちゃんにそっくり!」


さとりん「お、お…」


こいし「お?」


さとりん「おねぇちゃん!」


さとり、こいし「!?」


さとりん「やっと…やっと会えた!」


こいし「ちょっと、おねぇちゃんどういう事!?」


さとり「私にも分からないわよ!?」


さとりん「実は…」


かくかくしかじか、まるまるうまうま


さとり「…なるほどねーおねぇちゃんがいることは知っているけど、その顔は覚えていない」


こいし「で、おねぇちゃんにそっくりな人がいるからその人がおねぇちゃんに違いないと」


さとりん「そういうこと!」


こいし「…どうする?」


さとり「…しばらく、一緒にいる?私はあなたの事は覚えてないか、知らないのだけれども」


さとりん「・・・うん!」


こいし「いいの?多分六花さんや花凛さんパニックになるよ?」


さとり「大丈夫よ、あの姉妹なら。それじゃあ行きましょうか」


さとりん「…うん!」


こいし「…なんか私より姉妹っぽい…」


こいし「おっと、今年もありがとうございました!よいお年をお迎えくださいね!」


こいし「さとりとさとりん…さとりん…まさか…ね。」
スポンサーサイト
[ 2015/12/31 12:00 ] 第1シーズン記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pso2kame310ri.blog.fc2.com/tb.php/438-eda84c70






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。